筋膜リリースとは? What is fascial release?

Fascial release explained in English below

筋膜(ファシア)とは

ファシアfasciaという言葉が筋膜という日本語に訳されています。参考2-1
ファシアとは、人体を構成するものをすべて包む膜です。参考2-1 参考2-2
ラテン語で「バンド」「包帯」を意味するfasciaが語源です。参考2-3

ファシアには、スーパーフィシャルファシア(浅筋膜)とディープファシア(深筋膜)があります。参考2-4参考2-5
果物のみかんに例えると、オレンジ色の皮の部分が皮膚、皮の下にある白い綿状の部分がスーパーフィシャルファシア(浅筋膜)、実の部分が筋肉で、実を包む透明な薄皮の部分がディープファシア(深筋膜)というイメージです。参考2-6

スーパーフィシャルファシア(浅筋膜)は全身を覆っています。
全身を網の目状のボディスーツで包んでいるようなイメージです。参考2-7
皮膚が擦れると厚くなっていくのと同じように、スーパーフィシャルファシア(浅筋膜)も体の内側での反復運動による摩擦で徐々に硬く厚くなっていきます。
網の目が増えたり結束することで硬くなっていきます。
網の目の正体は、コラーゲン線維・エラスチン線維・レチクリン線維です。参考2-8
ファシアには血管・神経も通っているため、ファシアが硬くなると異常血管が作られたり神経に異常な興奮が起こり、痛みに敏感になります。参考2-9
また、ファシアにはリンパ管も通るため、血管・リンパ管が圧迫されるとむくみの原因にもなります。参考2-10
参考2-1 ファシアとは? / 一般社団法人日本超音波鍼灸協会
参考2-2 ファシア (Fascia) / 一般社団法人日本整形内科学研究会
参考2-3 fascia の意味、語源 / Online Etymology Dictionary
参考2-4 ファシアと筋膜の違いと、筋膜に痛みが発生するイメージ / 株式会社ZEN PLACE
参考2-5 筋膜・皮膚・膜(ファシア)を整える新概念のコンディショニング法 / スキンストレッチ
参考2-6 肩こりは「ファシア」を意識すれば根治できる! 専門医が伝授するセルフチェックと対策法 / 2020年 / 朝日新聞出版
参考2-7 【第二の骨格】『筋膜』について勘違いしていませんか? / 株式会社富士山マガジンサービス
参考2-8 筋膜の性質 / Somatic Systems 株式会社
参考2-9 Hydrorelease/Fascia(ファシア)リリース / きむら整形外科
参考2-10 インディバでファシア(筋膜)の改善 / 美容鍼ハリニー

当院で行う筋膜リリース(IASTM Instrument Assisted Soft Tissue Mobilization器具支援軟部組織モビリゼーション)とは

当院では、金属(ステンレス鋼)を使って、ファシアへアプローチをしていきます。
最初に必要なことは、硬くなってしまった網の目状のスーパーフィシャルファシア(浅筋膜)を軟らかく戻していく施術です。
硬くなったものに対しては、金属のような硬い器具を使うことで、よりアプローチができます。

金属を使った筋膜リリースの注意点

筋膜リリース施術を行った箇所に内出血やあざができることがあります。
通常2,3日で内出血やあざはなくなりますが、その期間内での治癒は保証できません。
筋膜リリースを行ってよいか否かは必ず事前に確認いたします。

What is fascia?

The fascia is the membrane that surrounds everything that makes up the human body.
The word is derived from the Latin fascia meaning “band” or “bandage.

There are two types of fascia: superficial fascia and deep fascia.
Comparing to oranges, the orange peel is the skin, the white cottony part under the peel is the superficial fascia, the fruit is the muscle, and the transparent thin peel surrounding the fruit is the deep fascia.

Superficial fascia covers the entire body.
It is as if the entire body is wrapped in a net-like body suit.
Just as the skin becomes thicker as it is rubbed, superficial fascia gradually becomes harder and thicker due to friction caused by repetitive movements inside the body.
The mesh becomes stiffer as it increases and binds.
The mesh is made up of collagen, elastin, and reticulin fibers.
Because the fascia also contains blood vessels and nerves, when the fascia becomes stiff, abnormal blood vessels are created and nerves are abnormally excited, making the patient more sensitive to pain.
Because lymphatic vessels also pass through the fascia, compression of blood vessels and lymphatic vessels can also cause swelling.

What is fascial release at my clinic(IASTM Instrument Assisted Soft Tissue Mobilization)?

I use metal (stainless steel) to approach the fascia.
The first thing that needs to be done is to soften back the hardened web-like superficial fascia.
For hardened objects, a harder instrument, such as metal, can be used for more good approach.

Cautions for fascial release with metal

Internal bleeding or bruising may occur at the site of fascial release treatment.
The internal bleeding and bruising usually disappears in a few days, but healing cannot be guaranteed within that time frame.
I will always confirm in advance whether or not myofascial release is allowed.

タイトルとURLをコピーしました